グループ校
大阪学院大学
大阪学院大学高等学校

教育方針

実績と伝統のある関西経理専門学校は、多くの企業から信頼されています。

企業の目標は、利益を追求し会社を成長させることにあります。そのためにはより良い製品やサービスを生み出すことはもちろんですが、数字の面から会社を読める人、あるいはコンピュータ知識や技術に精通した人など、各分野に特化したスペシャリストの存在が不可欠となります。
本校では確かな実績と優れた教授陣による徹底指導で、経理・経営・情報に関する幅広い知識と技術を身につけた、実社会で活躍できるスペシャリストを育てます。

経理

幅広い知識を身につけた経理のエキスパートを育成します。

経理と、ひと口に言っても企業の経理担当から医療事務、税理士・会計士へのステップアップなど、さまざまな道があります。けれど、最低限必要な知識はやはり「簿記」でしょう。簿記といえば非常に難しそうなイメージがありますが、それだけに社会的に認められた資格として、浮き沈みのない安定した将来が望めます。
しかも経理の知識は「会社法」や「企業会計基準」「税法」といった法令や規則などに基づいているため、どこの会社に行っても通用する、という点でも優れています。

経営

将来「起業家」を目指すあなたをサポートします。

「将来、自分で新しいビジネスを始めたい」「いつか、お店を持ちたい」そんな夢を持つ人にとって、数字からビジネスをとらえるということはとても重要です。
なぜなら決算書やバランスシート(貸借対照表)が読める経験者は、財務の問題点を的確に把握し、改善できる力が備わっているからです。
つまり、経営には「実務面」と「経理面」の両論の知識が必要だということ。「経理はすべてプロ任せ」では、これからのビジネスにおいて通用しないと言っても過言ではないでしょう。

情報

情報社会で活躍できるスペシャリストを養成します。

「情報社会」と呼ばれる現代、携帯電話やインターネットはすでにお年寄りから子供まで幅広い層で利用され、私たちの暮らしは大きく進歩しました。
また、コンピュータのない会社などいまどき存在しないように、これからのビジネスはPCの知識やスキル無しには通用しません。なかでも、Webマスターやシステム管理者、OAアドバイザーなど、より専門領域に精通した情報スペシャリストの存在は、社会的にも強く求められているのです。

学校紹介へ戻る

COURSE